野良箱

同人漫画サークル

黒武洋「パンドラの火花」

パンドラの火花 (新潮文庫)パンドラの火花 (新潮文庫)
(2008/01/29)
黒武 洋

商品詳細を見る

【あらすじ】
2040年の日本では、すでに死刑制度が廃止されていた。
そのため、判決が確定済みの死刑囚が宙に浮くこととなった。
更正の余地があるとされる死刑囚には、刑執行を免れるチャンスが与えられた。
それは、タイムマシンで過去の自分に会って説得し、事件を未然に防ぐことだった。

【途中までそんなにネタバレなし感想】
まずは、家族6人を含む12人を殺害した死刑囚・横尾友也視点で話が進みます。
横尾は、事件当時高校生だった自分に、事件を起さないよう説得します。

次に、インターネット上での繋がりから、ゲーム感覚で動物を殺し、やがてさらなる凶悪犯罪に手を染めることになる三日月憲人がメインキャラクターとになります。
これは、説得される側としての物語となります。つまり、過去の世界における三日月憲人は、まだ死刑になるようなことはしていないのです。

最後は、過去に戻る死刑囚に同行する時空監視官・十九番の心の中を描きます。
ストーリー的には、自分の会社を爆破した死刑囚・氏家孝仁の行動を追っています。

過去の自分ということで、相手の内面まで知り尽くした上での説得となります。
また、人生の大半を塀の中で過ごし、後悔と贖罪の日々を送ってきた自分の悲惨な姿を見せることで反面教師となることもできます。
しかし、「年や経験を重ねた私」として過去の自分に接したとしても、社会や友人、仕事や家族といった、所謂一般的な人生とは大きくかけ離れた生活をしていた為、年齢=人生経験とは言い難いものとなっています。
それで説得力に欠ける部分があり、それを過去の自分に見透かされる場面もあります。

「映像ペーパー」や「ハンディPC」など、未来の電子機器が登場します。
そのネーミングが、少し昔のSF小説を思わせます。

タイムマシンこと「時空移動システム」の装置は、仁徳天皇陵にあるという設定です。

【以下、ネタバレあり感想】
【“黒武洋「パンドラの火花」”の続きを読む】

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/06/16(火) 07:17:46|
  2. 読書感想文(小説)

FC2Ad