野良箱

同人漫画サークル

ジャン=フランソワ・パロ「ブラン・マントー通りの謎」

ブラン・マントー通りの謎 (ランダムハウス講談社文庫)ブラン・マントー通りの謎 (ランダムハウス講談社文庫)
(2008/11/10)
ジャン フランソワ パロ

商品詳細を見る

【あらすじ】
ブルターニュからパリに出てきたニコラは、警察総監付きの警視見習いとなる。
ニコラは、ラルダン警視と黒人奴隷サン・ルイの失踪について、捜査することになる。

【ネタバレなし感想】
読むのに何故か20日以上かかりました。
ニコラが警視見習いになる経緯が大変変わっています。
事件の本題に入るまで、80ページくらいかかります。
私、ニコラが田舎の小さな教会から街の大きな教会に預けられ、警察総監ではなく、司祭様の下についたんだと思ってました。
その割に、事件の捜査命じられてるからおかしいなぁと。
教会じゃなくて、司法系の事務所で働いていたようですね。
なぜこんな勘違いをしてしまったのでしょうか。

18世紀が舞台ですので、その時代が好きな人にお勧めです。
当時、最先端だった医学について書かれており、中には、迷信めいた誤った医術も登場します。
処刑方法が大変残忍です。
また、拷問のことも書かれていたと思います。フランスでは、拷問のことを「クエスチョン」というらしいです。

殺人事件と国家の機密がからみあうストーリーで、人間関係が複雑でした。
しかし、「これが手がかりですよ」というのは明示してあるし、時々、いままでのおさらい的な文章が入っているので、話は追いやすいです。

解決編が、鮮やかでした。
そこに至るまで、推理に必要な要素は出揃っていたので、読者に対してフェアでした。
「証拠を持っていない場合は、持っているように見せかける」というのは、こういうことか!という感じでした。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/01/28(水) 02:24:08|
  2. 読書感想文(小説)

ネコミミで八重歯で花売りで人喰い

ミガルガリ サリス

食べちゃうぞー がおー

テーマ:創作・オリジナル - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/01/26(月) 02:26:49|
  2. カラーイラスト

【イラスト】パペット浄瑠璃

パペ浄瑠璃イラスト修正のコピー

6年前に描いたギャグマンガのキャラクターです。
話の続きが思いついたら、WEB漫画としてUPします。

テーマ:創作・オリジナル - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/01/23(金) 01:31:25|
  2. カラーイラスト

コミティア87新刊2冊目表紙

COMITIA87 セーラー服

表紙の女の子は、全部同じ人です。

裏表紙

裏表紙と合わせるとこんな感じです。
裏表紙で後ろ向いてる女の子は、表紙と同じ人です。

テーマ:創作・オリジナル - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/01/08(木) 23:05:45|
  2. カラーイラスト

オリバー・サックス「妻と帽子をまちがえた男」

妻を帽子とまちがえた男 (サックス・コレクション)妻を帽子とまちがえた男 (サックス・コレクション)
(1992/02)
オリバー サックス

商品詳細を見る

脳神経科の医者が、患者の様子を描いた医療エッセイです。

第一部は、「喪失」がテーマです。
視覚に関する意味を失ってしまった男や、自分の体を目で確認しないと動かせない女性などが登場します。
また、記憶を短時間で失い続ける患者の話も。これは、よくフィクションで題材にされてますね。

第二部は、「過剰」がテーマです。
チック症や多動、性格の豹変、多弁など。

第三部は、「移行」がテーマです。
過去の記憶が蘇り続けたり、嗅覚に異常をきたすものなどがあります。

第四部は、「純真」がテーマです。
知的障害者の特殊能力(サヴァン)について書かれていました。

全体の感想としては、生きることに希望を見出せる内容でした。
人格や知覚に大きな問題を引き起こす病気の話なので、もっと暗い気持ちになるかと思ってました。
記憶がなくなっても魂的なものはあるかもしれないって感じのことが書いてありました。
脳神経学の医者がそんな事言うなんて意外です。

薬を飲んでいる間とそうでない時で、性格が変わってしまう患者がいました。
そうなると、人間の性格って、心って一体何なんだろうと思ってしまいます。

簡単な計算も出来ないのに素数だけは大きな桁まで分るという自閉症の双子がいました。
ひょっとして、素数って宇宙に自然にあって、それが、人間の頭に下りてくるのか!?と思いました。

それと、音楽というのが、これまた超自然的なものなのではないかと思えてきました。
彫刻や詩、絵画、演劇なども、普段の言語とは全くことなるものとして存在しているようです。
芸術ってすごいです。
人間が創り出すというよりは、はじめからそこに有ったものを発見するといった感じがします。

完全に嗅覚を失っているのに、匂いがすると訴える患者や、周囲は無音なのに音楽が聞こえ続けるという患者がいました。
彼らにとっては、それが現実なのです。
私が見ている世界ですら、本当に現実なのか分らなくなってきます。

筆者は、脳神経医学だけでなく文学や宗教、心理学にも詳しいので、深みのある文章になっていました。

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/01/02(金) 22:55:24|
  2. 読書感想文(小説)

2009年元旦 年賀絵

牛娘

あけましておめでとうございます。
昨年は、当ブログにお越しいただきありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。

テーマ:自作イラスト - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/01/01(木) 00:00:02|
  2. カラーイラスト

FC2Ad