野良箱

同人漫画サークルです

映画「キンキー・ブーツ」(KinkyBoots)

キンキーブーツキンキーブーツ
(2007/02/23)
ジョエル・エドガートン、キウェテル・イジョフォー 他

商品詳細を見る

【あらすじ】
父親の急死により、倒産寸前の紳士靴工場を継いで社長になったチャーリー。
ドラァグクイーンのローラと出会い、それをヒントに服装倒錯者用の男性向け女性靴を作ることを思い立つ。
目指すは、ミラノ国際見本市。

【途中までネタバレなし感想】
「保守的な田舎の伝統ある靴工場で、エロティックなファッションアクセサリー作り」という実話を基にした話で、撮影も実際の工場を数週間閉鎖して行ったそうです。

モデルになった工場のサイトを見たら、すごく…エロイです…。
全くドラァグクイーン専門ではなく、エロティックファッション総合って感じです。
女性物が主力製品のようです。
なので、この映画とはちょっと違います。

キンキーブーツとは、直訳すると「変態ブーツ」で、所謂「女王様」が履くような高いヒールのセクシーブーツのことです。
↑上のDVDパッケージ参照。

吹き替え版で見つつ、字幕も表示しっぱなしでした。
音声セリフと字幕のニュアンスが全然違う箇所が多々ありました。どっちが本来の意味に近いのでしょうか。

冒頭の従業員を次々にクビにするシーンは、本来痛々しい場面なのですが、テンポがよくて面白かったです。

ローラ(女装で長身で筋肉ムキムキの黒人男性)の舞台シーンなど、ミュージカル要素がありました。
ローラかっこいい!

セクシーで派手なブーツに職人技を注ぎ込む、眼鏡のおじいちゃん工員がかっこよかったです。
「鉄の加工なら任せておけ」って感じで。

【以下、ネタバレあり感想】 【“映画「キンキー・ブーツ」(KinkyBoots)”の続きを読む】

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

  1. 2008/01/21(月) 00:29:43|
  2. 映画感想