野良箱

同人漫画サークルです

芥川龍之介「侏儒の言葉・西方の人」

侏儒の言葉・西方の人 (新潮文庫)侏儒の言葉・西方の人 (新潮文庫)
(1968/11)
芥川 龍之介

商品詳細を見る

【内容紹介】
「侏儒の言葉」は、アフォリズム作品。
アフォリズムとは、「物事の真実を簡潔に鋭く表現した語句。警句。金言。箴言(しんげん)。」のこと。
「西方の人」は、キリストについての意見・解説。

【感想】
伊坂幸太郎の小説「チルドレン」に「侏儒の言葉」が登場していたので、気になって買ってみました。

(「チルドレン」感想はこちらのページで。)

「侏儒の言葉」も「西方の人」も、創作小説ではなく、エッセイ的なものでした。

「侏儒の言葉」は、もっと簡潔な名言集みたいなものかと思っていましたが、世界中の様々な文学・宗教・演劇・哲学・聖書等を当たり前のように引用したり、それらに引っかけた言い回しをしたりしていて、相当難解でした。
おかげで、注釈がすごく多いです。

誤解や反感を招きかねない事を書き、後日、それについて説明を加えていました。

煽りや毒舌みたいな文章もありましたが、不快感は感じませんでした。

「西方の人」で、キリストのことを「古代のジャアナリスト」「ボヘミアン」と称していました。

しょっちゅうでてくる「畢竟」(ひっきょう)という単語が、なんだか分らなかったのですが、「結局」「要するに」という意味だそうです。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/01/09(水) 21:50:10|
  2. 読書感想文(小説)

メカビ ’08年冬号

メカビ ’08年冬号 (2008) (講談社MOOK)メカビ ’08年冬号 (2008) (講談社MOOK)
(2007/12)
不明

商品詳細を見る

通算4号目のメカビです。
私は今号が発売されていることと、表紙が「さよなら絶望先生」であることを、赤松健先生の日記で知りました。
「久米田の野郎」と書きつつ、久米田作品のアニメ絵が表紙であることを宣伝するとは、赤松先生はツンデレですね。

気になった記事

【俗・さよなら絶望先生】
絶望先生の続編(第二期)に関しての、新房監督インタビュー。
私の住んでいる地域で一話が放送されるのは、今週の金曜日です。

【自然体でアニメと付き合おう】
「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」著者山田真哉さんのインタビュー。
この人…私より全然オタクだ…。
新作アニメチェックにも抜かりないです。
アニラジから入って声優を知り、その声優が出演しているアニメを見る。
見事なポロロッカ(逆流)@絶望先生ですね。

【ARIA】
アニメ版ARIA監督のインタビュー。
なにも起きない話を30分アニメにするということについて等語っていました。
なにも起きないのに人気があるってすごいなー。

【脳科学は哲学を変えるのか】
メイドロボを奴隷にするのはロボットの権利に反するらしいです。

【二次元世界のだらしない女教師達との宴】
タイトルを読んで真っ先に「あずまんが大王」のゆかり先生、「らき☆すた」の黒井先生を思い浮かべましたが、やっぱり紹介されてました。
他にも沢山いるのですね。だらしない女教師。

【漫画家と編集者の関係ってどうなの!?】
MMRのキバヤシのモデルになったらしい、元編集者・漫画原作者の樹林伸氏がインタビューに答えてました。
樹林さんの写真が載ってましたが、クレイジーケンバンドの横山剣さんみたいで渋かっこいいです。
漫画家の意見として、松山セイジ先生のインタビューもあります。「エイケン」の作者ですね。
その後、5誌の漫画編集者達のインタビューがあります。
各誌、スタンスが違うようです。多分、個人個人でもスタイルが違うのでしょう。

【でとねーしょんてぃーちゃー】
この作者さんは、美少女と機械を描くのが上手ですね。まさに、メカビ(メカと美少女の略)。

テーマ:雑誌(既刊〜新創刊) - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/01/09(水) 21:31:51|
  2. 未分類

映画「トンマッコルへようこそ」

トンマッコルへようこそトンマッコルへようこそ
(2007/03/02)
シン・ハギュン、チョン・ジェヨン 他

商品詳細を見る

【あらすじ】
「トンマッコル」という村の人々は、戦争が起こっていることなど知らずにのどかに暮らしていた。
そこにアメリカ軍と韓国軍と人民軍(韓国軍の敵)が迷い込んできた。
(アメリカ人は飛行機で墜落してきた。)
最初は敵対する軍人達だったが…。

【ネタバレなし簡易感想】
色が綺麗でした。音楽は久石譲。

映像が安っぽくないのが良いです。

俳優さん達が良い顔してます。

MVPは、イノシシ。

血のりと分っていても痛そう。

同じ顔のおじいさんが並んでましたが、双子でしょうか。
それともCG合成?

排便シーンとは、なんとマニアックな…。

見終わってから、予告編を見ました。
重要シーンがほとんど網羅されてました。なんというネタバレ。
予告を見ただけで、話のおおまかな流れは分ります。

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. 2008/01/09(水) 02:11:33|
  2. 映画感想