野良箱

同人漫画サークルです

デスノートLスピンオフ小説「L チェンジ・ザ・ワールド」

映画鑑賞後の【追記】あり。その際、映画のネタバレはなし。
L change the WorLdL change the WorLd
(2007/12/25)
M

商品詳細を見る

【ネタバレなし 概要】
2008年2月9日公開予定の映画「L chenge the WorLd」の小説版です。

Death note原作コミック(第1部・第2部)、そして西尾維新の小説「アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件」とリンクしているので、それらを知っていればより楽しめる内容ですが、とりあえずは、劇場版Death note(前編・後編the Last name)を見ておけば、意味の通る本です。

逆に言うと、この本は、劇場版後編のネタバレを多分に含んでいます。
劇場版後編と密接に関わっている話だからです。
まずは、映画版を見てから読んだほうが良いでしょう。
映画未見の方は、この小説を読む前に映画版のDVDを見ることをお勧めします。

また、作中にLの本名が出てきます。
確か、Lの本名初公開は、Death note 13巻(ファンブック的なもの)でした。
Lの本名を知りたくないと言う人は、ご注意下さい。

これから出るL関連の書籍2冊も買う予定です。

【途中まで、ネタバレなし感想】
表紙、口絵、裏表紙は、小畑健先生描き下ろしです。

てっきり、Lがキラ事件に関わる前の話かと思っていましたが、違いました。
どの期間かは、読んでのお楽しみです。

それと、死神やデスノートが出てこない話かと思っていましたが…。
これも読んでのお楽しみ。

Lのヒューマンな内面がちょこっと描かれていますので、「Lはずっと謎の存在でいて欲しい」「Lは常に冷淡に飄々としていて欲しい」「Lは感情を排除した人間であって欲しい」という方には、苦手な内容かもしれません。
私は、この小説のLは大歓迎です。

Lファンの中には、原作のLしか認めない派(L原理主義者?)が存在すると思います。
それはそれで、正しいLファンのあり方の一つだと思います。
私の場合は、Lが魅力的で話が面白ければ実写でもアニメでも小説でもなんでも良い派です。

表紙や裏表紙に漫画版のLが描いてあるにも関わらず、この小説を読んでいる間、Lのビジュアルイメージは松山ケンイチ(実写版L)でした。

【追記】
映画を見て、小説版の作者Mがいかに頑張っていたかが分りました。
この小説は、映画の脚本をそのままノベライズしたのだと思っていましたが、話の主な要素以外はかなり別ものでした。
小説版は、映画脚本を大胆にアレンジし、ギャグや小ネタを挟み、先行作品のオマージュを加えていたのですね。
Mグッジョブ!!

【以下、本書と映画版と西尾維新版と原作版のネタバレを含みます】長文注意 【“デスノートLスピンオフ小説「L チェンジ・ザ・ワールド」”の続きを読む】

テーマ:読書感想文 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/01/05(土) 19:04:27|
  2. 読書感想文(小説)