野良箱

同人漫画サークル

「少年マガジンR」に読み切り「マシカの馬車」掲載中

8/20発売 講談社「少年マガジンR」 2016年5号 に、読み切り漫画「マシカの馬車」掲載中です。
ぜひ読んでみてください。
マガジンR5

タイトルロゴが、帽子かぶって車輪つけてるの、大変可愛いらしいです。
マシカロゴのみ

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/08/23(火) 14:50:31|
  2. お知らせ・宣伝

115万ヒットありがとうございました!

竹本健治「匣の中の失楽」感想

【あらすじ】
探偵小説愛好家である大学生や高校生の集まる同好会で、ナイルズ、こと双子の片割れ片城成(なる)が、自分たちをモデルにした実名小説「いかにして密室はつくられたか」を書くと宣言する。
物語で最初の犠牲者になると名指しされた曳間了(ひくまりょう)が、現実にも屍体で発見された。一同は、全員が探偵であり全員が容疑者でもある中、犯人を推理することになる。

【途中までネタバレなし感想】
投げっぱなしで終わると予感していたので、解決編と、補足、あるいは真相の示唆ともとれるようなエピローグがあってすっきりしました。

作中のナイルズが、小説を書いており、それを、同好会のファミリーも読み、批評し、引用します。二重スリット実験やだまし絵のモチーフを用いた、「一方が本物である時、他方が偽物であり、同時に本物たりえないが、その両方が本物である可能性を持つ」という状況を作り出しているため、SFの手法に近いようでした。

登場人物が既視感(デジャヴ)を覚える場面が多いのですが、読者に対しても、それを起こさせる工夫が随所にみられました。
既出のワードや情景を、少しおいて繰り返し再出現させているのです。
たとえば、「海の底」は誰の記憶だったか?とページを遡って読み返すなどしました。「マリンスノー」も同様。
具体的な特定の「海の底」エピソードは一人のものですが、似たような話は、他のキャラクターも心に抱いていたようです。
既視感の正体は、何から何まで同じ光景を見聞きした、というわけではなく、どこか数点でも合致してたら、「これを知っていた」、と錯覚することらしい、と作中にもあるので、まさにそれです。
「水中から見た空」を思わせる目をした人形を気に入っている人物も複数いるわけですし。

なお、登場人物は、すべて人形(劇)モチーフの命名らしいです。一人だけ、創造主・操作側っぽい名前なのですが、さらに元ネタから言うと、魅了される、という意味で人形に操られていると言えなくもないです。

「光の玉」について。光子は干渉し合う波の性質も持つが、観測された時に常に一つの粒子である、という説明と、その少し後にでてくるエピソード、雛子が幼少期に光の玉を掴まえようとした事、これらは、なぜかリンクさせず、作為も感じずに読んでいました。しかし、そのさらに後、街灯に照らされた雨降る道に、幾重もの波紋ができ干渉し合い光と闇が踊る情景描写で、これらは連続したモチーフか、と気づいたのです。物語全体を表す光景でもありますが、特に、雛子と布瀬には、ファミリーとは別の接続を見せているように感じます。
というのも、二人は幼馴染で、雛子が光の玉を掴まえようとしていた頃(…から2~3年後かもしれない)、布瀬少年は、彼女にとって特別な存在だったのです。成長し、二人で、「死角の問題」VS「擬態の問題」で話し合っている様子は、二者択一、まさに、光子を掴まえた方が、今のところの正解、という感じがするのです。

上記のように、直接の推理や事件とは関係のない、印象、記号、構図が全体に張り巡らせてあり、かっちり作りこまれているので、作者さんは正気であり、読者にどう見せるかしっかり分かっている方だと安心して読めました。
それらをすべてそぎ落としても、プロットだけで成り立っていそうですが、文学的趣がなくなるため、とてもよいフレーバーだったと思います。表には現れない内面の独白は、その言い回しまで含めて重要であるため、会話劇だけを映像化・舞台化しても足りなくなりそうで、文字しかない媒体ならではの良さがありました。

「総ての解決は、裏切られ、覆されるためにのみ生産されているようでもあった。」

【以下、ネタバレあり感想】
【“竹本健治「匣の中の失楽」感想”の続きを読む】
  1. 2016/07/31(日) 03:04:17|
  2. 読書感想文(小説)

114万ヒットありがとうございました

北ティア4新刊「暗がりから杓子」通信販売中

2016/06/19の北海道コミティア4にて発行いたしました「暗がりから杓子」を、COMICZIN様に書店委託中です。
 
暗がりブログ用


<本文サンプル>
暗がりサンプル440


既刊の「食べられる通貨」も、よろしければご一緒にどうぞ

テーマ:創作・オリジナル - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/06/21(火) 14:25:15|
  2. 同人誌・オフライン

北ティア4ペーパー

113万ヒットありがとうございました

2016/06/19(日)北海道COMITIA4へサークル参加します

創作・オリジナルオンリー同人即売会「北海道コミティア4」へ参加します。
頒布物の形態は、全て漫画です。

tia banner

【日時】2016年6月19日(日曜日)11:00~15:00
【場所】ホテルさっぽろ芸文館 3Fロイヤルホール
【スペースNo.】 A10 
【サークル名】野良箱
【頒布物】
《新刊》
1種
暗がりブログ用
「暗がりから杓子」500円
A5/60P/オンデマンド印刷/フルカラー表紙
世界が単純な図形にしか見えない乃木さんは、美術課題のため六角君を採寸する。
<本文サンプル>
暗がりサンプル440

《既刊》
8種
日本語200
「日本語を覚えない父」300円
A5/28P/オンデマンド印刷/フルカラー表紙
外国人の父とその息子は、同居しているが言葉が通じない。異国間親子コメディ。
(在庫が切れたと思い、当ブログにもWEB漫画として掲載いたしましたが、まだ残部のあることが分かったので持っていきます。)

basya200.jpg
「マシカの馬車」400円 
A5/44P/オンデマンド印刷/フルカラー表紙
仕事帰り、馬車に乗り、高速道路のETCゲートを通過したら、そこは憧れの武道館ステージだった。
SFファンタジー短編読みきり。

知能200
「剥ぐ知能」500円
A5/60P/オンデマンド印刷/フルカラー表紙
人工知能搭載型自律歩行ロボット「ラレ」を開発中、誤って落としてしまう。幸い外装が剥がれただけで済んだが…。
無表情院生×グラサン担当教官+小型AIロボのラブコメ。
通貨200
「食べられる通貨」200円
A5/20P/オンデマンド印刷/モノクロ表紙
大網樹で働いた少年達は、違法物持込みのため街の門番に殴られる。
美少年と骨と回転塔のSFファンタジー。微BL。

ティア新刊サイド
「最新文化教育係」400円
A5/40P/オンデマンド印刷/フルカラー表紙/タイトル箔押し
王子様に大衆芸術を学ばせる為、若い乙女がお城に召かれる。メルヘンなおとぎ話。
ウザめが表紙ブログ用
「ウザ男と眼鏡」300円 
A5/28P/オンデマンド印刷/フルカラー表紙
男子高校生二人がどうでもいい会話をするショートショートギャグ漫画。
パペット表紙ブログ用
「パペット浄瑠璃」200円 
A5/20P/オンデマンド印刷/フルカラー表紙
黒子を引き連れた少年と腹話術人形を操る少女の傀儡4コマギャグ。
再録表紙ブログ用
「再録短編集 野良箱2008-2009」1000円 
A5/172P/オンデマンド印刷/フルカラー表紙
以前コミティアで発行した同人誌の再録本。
読みきり漫画「スパルタな姪と二人の叔父」「幸福の沸点」「ワンデイ使い捨て」「虐待専用ウサギ」「GUN MeDICINe」「報われない子供」を収録
【装丁・デザイン協力】
「野良箱」発行物の装丁・表紙デザインの一部は、「NHKD the Manufacture」のXenkichiさんにお願いしてます。

【その他】
無料ペーパー配布予定。

テーマ:創作・オリジナル - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/05/25(水) 01:34:56|
  2. 同人誌・オフライン

【猫】シマ様の玉座

bauhutte.jpg

自室に高級感のある椅子を運び込んだものの、床に足が届かなかったため、現在は、猫専用椅子として使用しています。メッシュの肌触りがお気に入りで、ひじ掛けの位置が、顔をこすりつけるのに丁度良いみたいです。

テーマ: - ジャンル:ペット

  1. 2016/04/24(日) 02:15:21|

112万ヒットありがとうございました!

次のページ

FC2Ad